Home > memo > メールの ”CC” ”BCC” のおさらい

memo

メールの ”CC” ”BCC” のおさらい

メール送信の際、宛先の他に追加する「CC」と「BCC」についてのおさらい

メールを送る際は相手のメールアドレスを「宛先」に入力する

この際、CCとBCCを活用することで何パターンかの便利な使い方ができる

 

①宛先のみ

・「宛先」に相手のメールアドレスを1つ入力すれば、その人だけにメールを送る

・1つアドレスを入力してから、「,」か「;」で区切って、続けて違うアドレスを入力していくことで、複数人に送ることができる

メールを受信した人は、宛先欄に”送られた人全員のアドレスが見える”状態になっている

 

②宛先にCCをつける

・宛先に1つアドレスを入力し、次にCC欄に複数人のアドレスを入力すると、メールを受信した場合は、宛先の1つ・CCに送られた人全員のアドレス全てが見えている状態となる

誰に送ったのか周知させたいときに便利

 

③宛先にBCCをつける

・宛先に1つ(Aとする)、BCCに1つ(Bとする)、アドレスを入れたとする

Aの人がメールを受信すると、自分宛てにしかメールが送られていないように表示される

Bの人がメールを受信すると、宛先(Aのアドレス)が見える

 

④宛先にBCCを複数つける

・宛先に1つ(A)、BCCに2つ以上、アドレスを入れたとする

Aの人がメールを受信すると、自分宛てにしかメールが送られていないように表示される

BCCに入力された複数人からすると、宛先の1つと、自分にしか送られていないように見える

 

まとめると、

宛先:必ず1つ必要なもので、CCの人もBCCの人も、全員に対して見えるアドレス

CC:宛先と、CCに入力された全員のアドレスが見える

BCC:宛先と、BCCにある自分のアドレスだけが見える

 

これをふまえて例を上げると、

例1)Aさんにメールを送りたいが、Aさんの上司Bさんに内緒で伝えておきたいので、宛先にAさん、BCCにBさんとしてメールを送った

問題なくメールは送信される

上司のBさんは、宛先にあるAさんのアドレスを確認でき、Aさん宛てにメールしたものなんだなということが分かる

 

例2)同じ内容のメールを10人に送りたいが、10人それぞれは面識がないため、BCCに10人分のアドレスを入れて送った

「宛先」を何にするか?

問題となるのは「宛先」で、必ず宛先を入れないとメールは送信できない

この場合は、宛先に自分自身のメールアドレスを入力することになる

そうすれば、まず宛先になっている自分にメールが返ってくるので送信したという証になり、BCCで送った10人からすると、宛先に送り主のアドレスが入っているのが分かるので、「確認用に自分宛てにメールしたんだな」と思うわけである(もちろんBCCを知っている人からすれば、BCCで複数に案内したんだな、と思うかもしれない)

  2019/08/09   yjet-admin
 |  diary ≫