Home > diary > ビオトープ2年目

diary

ビオトープ2年目

冬場放置していたビオトープの様子を見ました

まだ写真は撮っていないのだが、2年目ビオトープの様子を見ている

メダカは白メダカがたくさん繁殖している(親2匹、子がたくさん)、謎の黒っぽいメダカも数匹繁殖、楊貴妃は3匹(親1、子が2)

という感じで、楊貴妃は餌不足なのか、寒さに耐えられなかったのか、昨年秋には子が10匹程いたのが残ったのは2匹だった

水は水面から1cmほど蒸発したら継ぎ足しのみ、餌は12月からは与えず、先日、今年初の餌やりをした

2月中だけ発泡スチロールのフタをしていたが、たまに様子を見ると、そこまでじっと冬眠はしておらず、けっこう動きまわる個体もいたので、来年はフタなしでも良さそうかなと思う

植物はウォーターコインは冬の間、大きめの葉は枯れつつも地下茎を伸ばし放題で、先月下旬から新しい葉っぱが次々と出てきている

スイレンも芽が伸びてきた、姫蒲はすべて枯れていたが、新芽が数本出てきたし、石の上のコケも緑色を取り戻し伸び始めている

春ですね

 

容器の内側の藻もすごい繁殖してしまっているが、エビや貝がどうにかしてくれそうなので、このままメダカの餌やりを少しずつ始めながら様子見したいと思う

  2022/04/04   yjet-admin

Comment on this article

Send comments

 
※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image